女子フィギュア報道に対し一言

a0037475_1644212.jpg
a0037475_164508.jpg



昨日twitterでも書いておいたのですが、日本マスコミの報道の仕方って、どうしても「真央ちゃん贔屓」に思えて仕方ないんです。
僕は女子フィギュアが好きで、安藤も浅田もどちらも応援していますが、どちらかと言えば安藤派だと思います。だから余計にそう感じてしまうのかも知れませんが…。

例えば、昨日の日本グランプリにしても、確かに「浅田復活」と呼べる滑りだったとは思います。しかしながら、苦しい時代というか不遇の時代が長かったのは浅田と安藤のどちらなのか考えると、明らかに安藤のほうが苦しい時代は長かったと思います。
安藤はトリノ五輪で全然ダメで、肩などの故障もあり、引退も頭をよぎるくらいに思うように滑れない時代があったのに、よくここまで戻ってきたなぁ、と尊敬してしまいます。浅田よりよっぽど安藤のほうが「復活」だと思うのですが、マスコミの取り上げ方は優勝した安藤よりも2位を収めた浅田の方が上だった気が…。

言わずもがな、もちろん浅田は浅田ですごいと思います。繰り返しますが、安藤も浅田もどちらも僕は好きですし、応援しています。ただ、妖精のような、ふわふわしたかわいらしいイメージをつけてもらっている浅田に対し、頑張っていてもどこかヒールのような冷たいイメージの安藤は不憫に感じます。

まあ、この2人を比べること自体がナンセンスなのかも知れませんが、どちらも世界の第一線で戦っている素晴らしい選手。もう少し、皆であたたかい目で見守ることが大切な気がします。

頑張れ、安藤、浅田!!
[PR]

by shiningcollection | 2010-12-27 16:20 | sports